上杉憲定(読み)うえすぎ のりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲定 うえすぎ-のりさだ

1375-1413* 室町時代の武将。
永和元=天授元年生まれ。上杉憲方の子。上杉憲孝の弟。応永2年伊豆(いず)・上野(こうずけ)(群馬県)の守護となる。6年大内義弘の乱(応永の乱)に呼応して京都へいこうとした鎌倉公方足利満兼をいさめ,中止させる。12年関東管領。応永19年12月18日死去。38歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉憲定

没年:応永19.12.18(1413.1.20)
生年:永和1/天授1(1375)
室町時代の武将。関東管領。憲方の子。安房守。応永1(1394)年に父憲方が死去すると,翌年その遣領と上野・伊豆の守護職を継ぎ,山内上杉氏の当主となる。同6年に鎌倉公方足利満兼が京都の足利義満に背こうとした際,義満の意を受けてこれを諫止し,京と鎌倉の分裂を未然に防いだ。同12年に,31歳で関東管領となり,18年に辞任し翌年死去した。

(山田邦明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android