コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永和 エイワ

大辞林 第三版の解説

えいわ【永和】

北朝の年号(1375.2.27~1379.3.22)。応安の後、康暦の前。後円融天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

えいわ【永和】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1375年から1379年まで、後円融(ごえんゆう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は応安(おうあん)。次元号は康暦(こうりゃく)。1375年(応安8)2月27日改元。後円融天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『尚書(しょうしょ)』および『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。永和年間の南朝の天皇は長慶(ちょうけい)天皇。南朝は天授(てんじゅ)(1375~1381年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

永和の関連キーワード恒助法親王(2)新後拾遺和歌集大炊御門宗氏姉小路家綱西園寺実永増阿弥久次道朝法親王小笠原政康弘助法親王鳩嶺雑事記深勝法親王覚叡法親王九条忠基月渓中珊邦省親王長田宗忠虎渓道壬馬島清眼日野業子喜山性讃

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永和の関連情報