コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲方 うえすぎ のりかた

2件 の用語解説(上杉憲方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲方 うえすぎ-のりかた

1335-1394 南北朝時代の武将。
建武(けんむ)2年生まれ。上杉憲顕の子。康暦(こうりゃく)元=天授5年兄憲春の跡をつぎ関東管領となり,およそ15年つとめる。鎌倉公方足利氏満をたすけ,上杉朝宗とともに小山義政・若犬丸親子をほろぼす(小山氏の乱)。上野(こうずけ)(群馬県)・武蔵(むさし)・伊豆(いず)の守護職を山内上杉家の家督分として確立。鎌倉明月院をたてた。応永元年10月24日死去。60歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉憲方

没年:応永1.10.24(1394.11.17)
生年:建武2(1335)
南北朝・室町時代の武将。関東管領。憲顕の子。安房守。父憲顕に従って成長し,その死後は兄弟の能憲・憲春と共に公方足利氏満を補佐。康暦1/天授5(1379)年に憲春の跡を継いで関東管領となり,武蔵・上野・伊豆の守護を兼ねる。翌年には下野の小山義政討伐の大将として出陣し,永徳2/弘和2(1382)年にこれを滅ぼした。一時期辞任していたこともあるが,結局15年の長きにわたって管領の職にあり,鎌倉府の政務を主導した。鎌倉北辺の山内に住んでいたといい,憲方の流れを山内上杉氏と呼ぶが,この家の基礎は憲方の代に固まったといえよう。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

上杉憲方の関連キーワード西園寺公宗諏訪頼重護良親王白旗城上杉憲方足利義持アイリンク1394DV端子FireWire

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone