コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応永 オウエイ

大辞林 第三版の解説

おうえい【応永】

年号(1394.7.5~1428.4.27)。明徳の後、正長の前。後小松・称光天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

おうえい【応永】

日本の元号(年号)。室町時代の1394年から1428年まで、後小松(ごこまつ)天皇、称光(しょうこう)天皇の代の元号。前元号は明徳(めいとく)。次元号は正長(しょうちょう)。1394年(明徳5)7月5日改元。病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『会要(かいよう)』を出典とする命名。応永年間の室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)、足利義持(よしもち)(4代)、足利義量(よしかず)(5代)。1397年(応永4)には、義満の邸宅である北山殿(北山山荘)の上棟式が行われた(現在の鹿苑寺(ろくおんじ)、通称金閣寺)。将軍職を義持に譲ったものの、幕府の実権は義満にあり、義満はここで政務を執った。1399年(応永6)には大内義弘(よしひろ)が堺で挙兵して応永の乱が起こったが、1403年から1415年までは、まったく戦乱のない時期が続いた。1412年(応永19)、後小松天皇は称光天皇に譲位し、院政を行った。1419年(応永26)には李氏朝鮮が対馬に侵攻した(応永の外冦(がいこう))。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

応永の関連キーワード河野通之(1)正親町三条公雅大炊御門宗氏花山院通定油小路隆信宇都宮持綱持明院基親今出川公直東坊城長遠道順(2)足利満隆横瀬貞氏渋川義俊大内弘茂足利義嗣足利満兼少弐満貞葉室長親赤松義祐久我具通

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応永の関連情報