コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村淳之 うえむら あつし

2件 の用語解説(上村淳之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

上村淳之

日本画家。昭和8年(1933)京都生。祖母は上村松園、父は上村松篁。本名は淳。京美大卒。京都芸大教授。創画会会員。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村淳之 うえむら-あつし

1933- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和8年4月12日生まれ。上村松園の孫。上村松篁(しょうこう)の子。京都市立美大(現京都市立芸大)在学中から新制作協会の京都日本画展などで入選をかさねる。花鳥画に緊張感のある空間表現を導入。平成7年「雁金」で芸術院賞。母校の教授をへて,11年副学長。14年芸術院会員。17年創画会理事長。松伯美術館館長。創画会会員。25年文化功労者。京都府出身。本名は淳。作品に「緋縅綬鶏」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上村淳之の関連キーワード晩年伊豆の踊子丹下左膳ガボールガルモ[山]シュナーベルベーテ谷崎潤一郎ディクソンイディオ地向斜

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上村淳之の関連情報