コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田百樹 うえだ ももき

2件 の用語解説(上田百樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田百樹 うえだ-ももき

?-1812? 江戸時代後期の国学者。
京都錦小路の町人。本居宣長(もとおり-のりなが)の晩年の弟子で,寛政9年入門。古書の校訂にすぐれていた。文化9年5月8日没か。本姓は波伯部。通称は藤介(助)。屋号は鍵屋。著作に「大祓詞後釈余考」「百樹の摘葉」「倭名抄私考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上田百樹

没年:文政12(1829)
生年:生年不詳
江戸後期の国学者。本姓は波伯部,通称を藤介といい,名を桃樹とも書く。鍵屋はその屋号。京都錦小路室町住。寛政9(1797)年から本居宣長の晩年の弟子となる。師の没後,同じ京都商家城戸千楯らが京都における鈴屋古学の拠点鐸屋を設けたが,百樹はそれらには加勢せず,宣長の古代史観を独自に受け止めつつ新たな識見を打ち出すのに出精した。『百樹の摘葉』(千楯編),『倭名抄私考』など写本で伝わる数種の著以外に,彼の真骨頂を窺わせる資料が少ないのは惜しまれる。<著作>「大祓詞後釈余考」(『大祓詞註釈大成』)

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田百樹の関連キーワード生田萬北村季春橋村正令佐倉真邦桜井信景加茂季鷹伊藤重枝加藤千年高田武泰伴資規

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone