コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田百樹 うえだ ももき

2件 の用語解説(上田百樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田百樹 うえだ-ももき

?-1812? 江戸時代後期の国学者。
京都錦小路の町人。本居宣長(もとおり-のりなが)の晩年の弟子で,寛政9年入門。古書の校訂にすぐれていた。文化9年5月8日没か。本姓は波伯部。通称は藤介(助)。屋号は鍵屋。著作に「大祓詞後釈余考」「百樹の摘葉」「倭名抄私考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上田百樹

没年:文政12(1829)
生年:生年不詳
江戸後期の国学者。本姓は波伯部,通称を藤介といい,名を桃樹とも書く。鍵屋はその屋号。京都錦小路室町住。寛政9(1797)年から本居宣長の晩年の弟子となる。師の没後,同じ京都商家城戸千楯らが京都における鈴屋古学の拠点鐸屋を設けたが,百樹はそれらには加勢せず,宣長の古代史観を独自に受け止めつつ新たな識見を打ち出すのに出精した。『百樹の摘葉』(千楯編),『倭名抄私考』など写本で伝わる数種の著以外に,彼の真骨頂を窺わせる資料が少ないのは惜しまれる。<著作>「大祓詞後釈余考」(『大祓詞註釈大成』)

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

上田百樹の関連キーワード赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱シュレーゲル(兄弟)ボロジノの戦い「テロとの戦争」小選挙区制

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone