コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田重秀 うえだ しげひで

朝日日本歴史人物事典の解説

上田重秀

生年:生没年不詳
安土桃山・江戸前期の馬術家。上田流馬術の祖。但馬守とも称した。細川康政に大坪流馬術を学び,それを基に上田流を編み出した。のちに富田信高に仕えたが,慶長5(1600)年の関ケ原の戦では大坂より毛利秀元,鍋島勝茂らが攻め入り,一時信高は伊勢国津城に籠城した。このときに重秀が「敵の大勢を門より外へ追出して,則木戸を下し」(『関原記』)たとされる。ただ一騎で毛利勢を退けたほどの馬術の達人であったようだ。上田流馬術は重秀の子の重国へ相伝された。<参考文献>日夏繁高『本朝武芸小伝』(新編武術叢書)

(藤堂良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上田重秀
うえだしげひで

生没年不詳。馬術の上田流の祖。近世初頭の人で通称吉之丞(きちのじょう)、但馬守(たじまのかみ)と称する。大坪流馬術を斎藤安芸守好玄(あきのかみよしのり)の高弟、細川左衛門佐(さえもんのすけ)康政に学び、馬上太刀打ちの名人といわれた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android