コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田重秀 うえだ しげひで

3件 の用語解説(上田重秀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田重秀 うえだ-しげひで

?-? 織豊-江戸時代前期の馬術家。
上田流の創始者。大坪流の細川康政にまなぶ。伊勢(いせ)(三重県)安濃津城主の富田信高につかえ,慶長5年(1600)関ケ原の戦いで名をあげた。通称は吉之丞,但馬守。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上田重秀

生年:生没年不詳
安土桃山・江戸前期の馬術家。上田流馬術の祖。但馬守とも称した。細川康政に大坪流馬術を学び,それを基に上田流を編み出した。のちに富田信高に仕えたが,慶長5(1600)年の関ケ原の戦では大坂より毛利秀元,鍋島勝茂らが攻め入り,一時信高は伊勢国津城に籠城した。このときに重秀が「敵の大勢を門より外へ追出して,則木戸を下し」(『関原記』)たとされる。ただ一騎で毛利勢を退けたほどの馬術の達人であったようだ。上田流馬術は重秀の子の重国へ相伝された。<参考文献>日夏繁高『本朝武芸小伝』(新編武術叢書)

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上田重秀
うえだしげひで

生没年不詳。馬術の上田流の祖。近世初頭の人で通称吉之丞(きちのじょう)、但馬守(たじまのかみ)と称する。大坪流馬術を斎藤安芸守好玄(あきのかみよしのり)の高弟、細川左衛門佐(さえもんのすけ)康政に学び、馬上太刀打ちの名人といわれた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上田重秀の関連キーワード弘尊青沼勘右衛門岩淵慶治大田原政通加藤重正八条朝繁八条房隆原田権左衛門原田七兵衛屋代重高

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone