コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上種 じょうしゅsuperspecies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上種
じょうしゅ
superspecies

種の上位の分類階級。 E.マイアーが動物地理学の立場から提唱した。地理的に分布圏が重ならない近縁種の群を考察するとき,これらが分化する以前に共通分布圏を有する共通の祖先をもっていたと考えて,これを上種と呼んだ。命名法としては,現存の数種のうち代表的なものの学名の末尾に superspeciesと付記して示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ず〔ジヤウ‐〕【上種/上衆】

身分のよい人。貴人。上﨟(じょうろう)。
「―の所にうち出でたるに、傍ら痛からぬ文かな」〈宇津保・祭の使〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

上種の関連キーワード埼玉県環境科学国際センタークロスカントリー・レースマルチミラー望遠鏡レセプタクリテスタンクローリー車下種・下衆・下司オートクレーブ邯鄲諸国物語内閣総理大臣ヘブライズム不承認主義高橋尚子アザラシカクテル訴訟行為軽自動車仮処分ドバト圧縮機上種足

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android