コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物地理学 どうぶつちりがくzoogeography; animal geography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物地理学
どうぶつちりがく
zoogeography; animal geography

動物の地理的分布,およびそれに関連する諸問題について研究する学問。地球上各地の動物相を比較研究して,あるまとまりのある地域ごとに動物地理区を設定したりするものは,特に動物区系地理学と呼ばれる。 A.ウォレスは,おもに哺乳類の世界的な分布様式に注目して,世界の大陸,主要な島を6動物区に分け,この方法を大成した (1876) 。一方,それらがどのようにして成立したかを地史進化論に基づいて究明するものは,動物系統地理学,または歴史的動物地理学と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうぶつ‐ちりがく【動物地理学】

地球上での動物の地理的な分布、およびその変遷起因を研究する学問。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうぶつちりがく【動物地理学】

動物の地理的分布を生態学的・地史的・系統進化論的立場などから研究する学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の動物地理学の言及

【生物地理学】より

…(2)生態地理学ecogeography 主として生物の生態的な分布を扱うもので,気候との関係を重視する気候地理学,生態的な環境分類を目ざす環境地理学,さらに各生物相が群集としていかなる生態学的構造をもつかを明らかにする群集地理学などが含まれる。なお対象とする生物の違いによって,植物地理学と動物地理学が区別される。【黒田 長久】。…

【動物相】より

… 現在の動物相は,過去の気候や陸地の変動を通じて変遷してきたものであると同時に,環境の変化によって今後とも変遷を遂げる可能性をもつものである。そのような変遷の歴史とメカニズムを研究するのが動物地理学の課題である。【黒田 長久】。…

※「動物地理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

動物地理学の関連キーワードウォーレス(Alfred Russel Wallace)アルフレッド ウォーレス日本のおもな動物園広島市安佐動物公園世界のおもな動物園エチオピア(国)ブレーキストン線デーデルラインブラキストン線マメザトウムシ川村 多実二マダガスカルウェーバー線多摩動物公園シュレンク八田 三郎渡瀬庄三郎ウォーレスウォレス線生物地理学