コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命名法 めいめいほう

世界大百科事典 第2版の解説

めいめいほう【命名法】

自然科学の対象となる動植物,化合物,天体などの呼び方に関する規則。命名法の第一の目的は多様なこれらの事物に統一的な名称を与えて混乱を防ぐことにあるが,同時にそれぞれの事物に固有の特徴をとらえた体系的な命名によって,自然についての系統分類学的な認識を可能にするものでもある。動植物については〈学名〉,化合物については〈化合物命名法〉,天体については〈天体命名法〉の各項を参照されたい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

命名法の関連キーワードK.U. リンダストレーム・ラング国際生化学・分子生物学連合ユーパック化合物命名法国際純正・応用化学連合ギトン・ドゥ・モルボIUPAC命名法トゥルヌフォールジュネーヴ命名法中央海嶺花崗岩青葉アルコール国際鉱物学連合アラスカ岩石英エーケベリーヒドロキシ基ハロアルカンカルボキシ基ド・カンドルオキソ化合物ダイオキシンカルビノール

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android