コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上腕二頭筋皮下断裂 じょうわんにとうきんひかだんれつ Injury of Biceps Muscle of Arm

1件 の用語解説(上腕二頭筋皮下断裂の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じょうわんにとうきんひかだんれつ【上腕二頭筋皮下断裂 Injury of Biceps Muscle of Arm】

[どんな病気か]
 肘(ひじ)を曲げて、急に重い荷物を持ち上げたときなどにおこる断裂です。
[症状]
 腕を上げたとき、急に力が抜けたようになり、ときにプツンと音がすることもあります。
 上腕二頭筋は、肘を曲げたり、腕を外側に回すときにはたらく筋肉ですから、上腕の内側と、肘を曲げたときに力こぶができる筋肉が腫(は)れて痛みます。肘を曲げようとしたり、腕を外側に回すと痛みが強まり、腫れた部分には圧痛(あっつう)が出ます。
 治療は、断裂の治療(「筋肉、腱、靱帯の損傷とは」の断裂の治療)に準じて行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

上腕二頭筋皮下断裂の関連キーワード冠を曲げる節を曲げる旋毛を曲げる肘枕肘を曲げる臍を曲げる曲げ木曲げて曲げる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone