上野 理一(読み)ウエノ リイチ

20世紀日本人名事典の解説

上野 理一
ウエノ リイチ

明治・大正期の新聞人 朝日新聞社長。



生年
嘉永1年10月3日(1848年)

没年
大正8(1919)年12月31日

出生地
丹波国篠山(兵庫県)

別名
号=上野 有竹(ウエノ ユウチク)

経歴
明治3年大阪に出て、のち兵庫県庁に勤め、12年同県川辺郡長。大阪に帰り、13年大阪朝日新聞社入社。14年から村山竜平と共同出資で経営に参画、販売・広告の経理を担当、創業時代の経営基盤を強化した。41年には大阪・東京の両朝日新聞社を合併し、朝日新聞合資会社とし、以降村山と1年交代で社長となった。大正7年の白虹筆禍事件で村山社長辞任の後を受け、事態を収拾、社長として事業発展の基礎を築いた。8年株式会社化を機に役員引退。また茶道にすぐれ、詩文・書画をよくした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

上野 理一 (うえの りいち)

生年月日:1848年10月3日
明治時代;大正時代の新聞経営者。朝日新聞社社長
1919年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上野 理一の関連情報