コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山竜平 ムラヤマリョウヘイ

デジタル大辞泉の解説

むらやま‐りょうへい【村山竜平】

[1850~1933]新聞経営者。三重の生まれ。明治14年(1881)大阪で「朝日新聞」を譲渡され、経営に専心。また、明治21年(1888)、「東京朝日新聞」を創刊し、のちに東西の朝日を合併した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

村山竜平【むらやまりゅうへい】

新聞経営者。三重県出身。1879年大阪で《朝日新聞》の創刊に参加,のち上野理一共同経営を行った。ニュース本位の新聞を目ざして成功。1888年東京に進出して《めさまし新聞》を買収,《東京朝日新聞》を創刊。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山竜平 むらやま-りょうへい

1850-1933 明治-昭和時代前期の新聞経営者。
嘉永(かえい)3年4月3日生まれ。大阪で雑貨商をいとなみ,明治12年朝日新聞社の創業に協力,14年から上野理一と共同で経営。21年「東京朝日新聞」も発刊,41年大阪・東京両社を合併,上野と1年交代で社長をつとめた。24年衆議院議員(当選3回)。貴族院議員。昭和8年11月24日死去。84歳。平成27年全国高校野球選手権大会を創設した功績で,特別表彰で日本野球殿堂入り。伊勢(いせ)(三重県)出身。
【格言など】新聞は大小に論なく,一定の主義をもたねばならない(「吾が朝日新聞の目的」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むらやまりゅうへい【村山竜平】

1850‐1933(嘉永3‐昭和8)
新聞経営者。伊勢(三重県)田丸出身。明治維新後,父とともに大阪で西洋雑貨商を営んでいたが,1879年《朝日新聞》創刊に参加し,81年木村平八・騰父子から同紙の所有権を譲り受け,上野理一と共同経営にあたった。政治的には是々非々主義の立場をとるとともに,政論よりもニュース本位の新聞を志し,大阪では他紙追随を許さぬ成功を収めた。88年《めさまし新聞》を買収して東京に進出,《東京朝日新聞》を創刊し,大発展の基礎を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むらやまりゅうへい【村山竜平】

1850~1933) 新聞経営者。伊勢の人。1879年(明治12)大阪で「朝日新聞」を創刊。88年「めさまし新聞」を買収し「東京朝日新聞」と改題。のち、両朝日新聞を併合経営。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の村山竜平の言及

【朝日新聞】より

…日本における代表的新聞の一つ。1879年1月25日,木村平八・騰親子の出資と発意により村山竜平を〈持主〉として大阪で創刊。経営権は81年に村山と上野理一の手に移った。…

※「村山竜平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

村山竜平の関連キーワード岡野養之助上野 理一末広鉄腸村山長挙村山藤子白虹事件村山改題