コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下し クダシ

デジタル大辞泉の解説

くだし【下し】

下し薬」の略。「下しをかける」
くだすこと。申し渡すこと。
「これ、まのあたりにて参らせよ、と侍りつる―の侍りつれば」〈宇津保・国譲下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くだし【下し】

〔動詞「下す」の連用形から〕
下剤。下し薬。 「尼子・佐竹の-を与へて程なく癒えにけり/仮名草子・浮世物語」
目上の人から下された言葉。申し渡し。 「これ、目の当りにて参らせよと侍りつる-の侍りつれば/宇津保 国譲下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下しの関連キーワード下いびりの上へつらい裁決流るる如しハムレット型中の十日吐き下し無悪不造太政官牒ネメシス将軍宣下太政官符直接正犯茶壺道中上げ下し腹部鼓脹司法判断ウェート如来尼上長押上女中上台所

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下しの関連情報