下に居る(読み)したにいる

精選版 日本国語大辞典の解説

した【下】 に 居(い)

① すわる。しゃがむ。ひざまずく。多く命令の形で用いる。
※浄瑠璃・心中二つ腹帯(1722)三「先づ下に居よ。商売の返事が聞きたい」
② 能の型の一つ。片膝を立ててすわる状態をいう。流儀により左右どちらかの膝を立てる。
※八帖花伝書(1573‐92)五「女房のしたにゐる胴作り、如此」

しも【下】 に 居(い)

すわる。しゃがむ。→下(した)に居る

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

下(した)に◦居(い)る

能楽の型で、左右どちらかの膝を立てて座る。
すわる。ひざまずく。しゃがむ。
「まあ―◦居て聞いて下さんせ」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android