返事(読み)ヘンジ

デジタル大辞泉 「返事」の意味・読み・例文・類語

へん‐じ【返事/返辞】

[名](スル)
呼びかけに対して答え言葉。答え。返答。「大きな声で―する」
返答の手紙返信返書。「諾否の―が届く」
[用法]返事・返答――「速やかに誠意のある返事(返答)を期待する」ではともに用いられる。◇「返事」は呼びかけや問いかけに対する答えから、手紙・質問・依頼招待などへの答えまで広く用いられる。「気のない返事」「返事はすぐ書いた方がいい」「読者の質問に返事を出す」◇「返答」は、特に質問・要求などに対する答えで、改まった感じが強い。「返答につまる」「あいまいな返答では納得できない」◇類似の語に「回答」がある。「回答」は公的な質問・要求などに対して文書または口頭で正式に答えること。「アンケートに回答する」「会社側の回答には不満だ」
[類語](1生返事二つ返事代返相槌/(2返信返書往信来信音信

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「返事」の意味・読み・例文・類語

へん‐じ【返事・返辞】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ことばを返すこと。また、返すことば。
    1. (イ) もらった手紙や和歌、また、質問、問合わせなどに対して、答えて返す手紙、和歌、文書など。かえりごと。かえり。かえし。
      1. [初出の実例]「たえて御かへりなし。〈略〉などかははかなきへんじをだに絶えてなき」(出典:落窪物語(10C後)一)
    2. (ロ) 呼びかけられて相手に応じ返すことば。応答語。
      1. [初出の実例]「物をいひふくむる返事に、あとこたふる」(出典:名語記(1275)二)
      2. 「此アアといへるは女の返詞(ヘンジ)也」(出典滑稽本浮世風呂(1809‐13)三)
    3. (ハ) 諾否を答えること。承知か不承知かを言いやること。
      1. [初出の実例]「先ちょっとしらせましょと呼にやり、返事はどふじゃと手をたたき」(出典:洒落本・遊客年々考(1757))
  3. 贈り物の返礼。返礼の品。おかえし。
    1. [初出の実例]「先度就御状御礼也。御返事御太刀〈真次〉被之」(出典:親元日記‐文明一五年(1483)五月一八日)
  4. 遊里で、客から呼ばれること。お座敷がかかること。
    1. [初出の実例]「万助どん、返事はどこどこぢゃいなア」(出典:洒落本・北川蜆殻(1826)上)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android