コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下ノ廊下(読み)しもノろうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下ノ廊下
しもノろうか

富山県東部,黒部川上流の黒部ダムから欅平付近まで続く峻険なV字谷。白竜峡,十字峡,S字峡などの景勝地がある。河床から高さ 100m余の断崖の壁に歩道が設けられているが,探勝には本格的な登山装備と経験が必要といわれる。ダム建設により水量が減じたため,定期的に放水が行なわれている。中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の下ノ廊下の言及

【黒部峡谷】より

…黒部湖域で二分され,東沢谷合流点より上流の〈上ノ廊下〉は登山路のない原始景観そのままの峡谷である。黒部湖より下流の〈下ノ廊下〉は山頂と河床との高低差が1500~2000mもあり,十字峡を中心とする断崖絶壁をえぐった旧日本電力歩道を改良した山道が西岸に通じている。峡谷は隆起に伴う花コウ岩の節理に沿って浸食・形成されたもので,深いわりに花コウ岩の岩肌と流水で明るく,新緑や紅葉が映える。…

※「下ノ廊下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる