コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十字峡

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうじきょう【十字峡】

富山県東部,黒部峡谷下ノ廊下〉の中心部にある景勝地。下流黒部第4(地下)発電所入口近くから本流にかかるつり橋を渡ると,歩道上数百m,足下100mの峡谷内最高の垂直の断崖の山道となり,半月峡から十字峡までつづく。西岸から剣沢は滝となって滝壺に落下して黒部川に流れ出し,対岸から棒小屋沢が急流となって落ち,二つの沢と本流とで十字形をなす。十字の谷底は流水に磨かれて花コウ岩の明るい谷である。【深井 三郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十字峡の関連情報