中部山岳国立公園(読み)ちゅうぶさんがくこくりつこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中部山岳国立公園
ちゅうぶさんがくこくりつこうえん

新潟県,富山県,長野県,岐阜県に広がる自然公園。面積 1743.23km2。1934年指定。日本アルプスの一部,飛騨山脈と乗鞍火山などを含む北アルプスの地域を占める。更新世の氷河で形成された山や谷の地形,カール氷食谷をもつ高山が多く,白馬岳(2932m),立山(3015m),槍ヶ岳(3180m),穂高岳(3190m)の連峰が典型的。白馬岳は高山植物が多く雪渓が美しい。乗鞍岳(3026m),立山にはケーブルカー,バスが通じ登山者が激増。五色ヶ原や雲ノ平の溶岩台地薬師岳(2926m)付近などでは,美しい高原の景観に加え,原始林や高山植物群落に覆われ,日本第1の山岳景観を呈する。カモシカ(→ニホンカモシカ)やライチョウもみられる。黒部峡谷黒部ダムから下流仙人ダム付近までは,1964年国の特別名勝,特別天然記念物に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中部山岳国立公園【ちゅうぶさんがくこくりつこうえん】

新潟・富山・長野・岐阜4県にまたがる山岳国立公園。面積1743.23km2。1934年指定。北アルプスと呼ばれる飛騨山脈とその南の火山乗鞍岳の地域で,北から白馬岳鹿島槍ヶ岳劔岳立山三俣蓮華岳槍ヶ岳常念岳穂高岳,乗鞍岳など標高3000m前後の多くの高山が連なり,岩峰や岩壁,深い氷食谷などけわしい地形を呈し,雪渓,高山植物帯,原始林が各所に見られる。景勝の黒部峡谷上高地温泉中房白骨平湯などがあり,山小屋,登山道も整備されている。観光・登山の起点は松本・大町・高山・黒部各市,立山町など。
→関連項目安房峠宇奈月[町]大山[町]笠ヶ岳黒部[市]黒部川黒部五郎岳黒部ダム五竜岳神通川水晶岳富山[県]富山[市]野麦峠白馬鑓[温泉]薬師岳焼岳鷲羽岳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(新潟県・富山県・岐阜県)〕中部山岳国立公園(ちゅうぶさんがくこくりつこうえん)


長野・新潟・富山・岐阜の4県にまたがる山岳国立公園。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)一帯からなる。面積17万4323ha。1934年(昭和9)指定。立(たて)山・槍ヶ(やりが)岳・穂高(ほたか)岳・乗鞍(のりくら)岳など3000m級の山岳景観と黒部(くろべ)川・梓(あずさ)川などがつくる渓谷景観に優れる。高山植物のお花畑で知られ、天然記念物のライチョウ・カモシカなどが生息。黒部峡谷や上高地(かみこうち)などの景勝地があり、周辺には平湯(ひらゆ)温泉・白骨(しらほね)温泉などの温泉も多い。立山黒部アルペンルートが整備され、一般観光客でも探勝できる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中部山岳国立公園
ちゅうぶさんがくこくりつこうえん

新潟、長野、富山、岐阜4県にまたがる国立公園。北アルプスを中心とする地域で、北は朝日岳(2418メートル)の北部から南は乗鞍(のりくら)岳(3026メートル)まで南北約91キロメートル、東西約30キロメートルに及び、面積1743.23平方キロメートル。1934年(昭和9)、日本におけるアルプス型の高山地域と、残り少ない原始的な峡谷を有する特色ある山地として指定。広範な公園は北からほぼ五つの連山に分けられる。公園の中央にある三俣蓮華(みつまたれんげ)岳(2841メートル)・鷲羽(わしば)岳(2924メートル)・水晶岳(2986メートル)・黒部五郎岳(2840メートル)・双六(すごろく)岳(2860メートル)などの山々を中心とする北アルプス中央山地と、その北部の薬師岳(2926メートル)・立山(たてやま)(3015メートル)・剱(つるぎ)岳(2999メートル)・毛勝(けかち)山(2415メートル)に至る立山連峰、立山連峰東部の針ノ木岳(2821メートル)から北へ鹿島槍(かしまやり)ヶ岳(2889メートル)・白馬(しろうま)岳(2932メートル)・朝日岳に至る後(うしろ)立山連峰、中央山地南部の槍・穂高連峰とその東の燕(つばくろ)岳(2763メートル)・大天井岳(2922メートル)から常念山脈に連なる山々および樅沢(もみさわ)岳(2755メートル)から笠(かさ)ヶ岳(2898メートル)に至る山稜(さんりょう)、それに乗鞍火山群の五つである。山々を黒部川、高瀬川、梓(あずさ)川、蒲田川の源流が深い峡谷を刻み、稜線全体の形が山の字状を呈している。これらの山稜部、とくに立山、剱岳周辺と槍・穂高連峰東側に氷河時代につくられたカール地形が多く、鋭い山容をみせる。これと対照的に、中央山地には日本でもっとも高い地にある溶岩台地の雲ノ平があり、立山には室堂(むろどう)、天狗平(てんぐだいら)、弥陀ヶ原(みだがはら)、五色ヶ原の溶岩台地がある。乗鞍火山群の北の鐘状火山焼岳(やけだけ)(2455メートル)は北アルプスで唯一噴火記録がある。
 山稜部は主として古期花崗閃緑(かこうせんりょく)岩や花崗岩類で構成され、朝日岳中心の変成岩類や薬師岳周辺の手取(てどり)統地域を除けば、黒部峡谷を中心にした全流域は新期花崗岩である。これらの岩石を貫いたひん岩や石英斑(はん)岩からなる山々は、槍ヶ岳、穂高岳や後立山の山々のように高く鋭い山容を示す山々が多い。
 特別保護地域に指定されている箇所も多く、黒部ダム下流域の黒部峡谷や梓川上流の上高地(かみこうち)は特別名勝・特別天然記念物に指定され、白馬岳を中心にした地域は特別天然記念物「白馬連山高山植物帯」に指定されている。また、薬師岳圏谷群は特別天然記念物、称名滝は国の名勝・天然記念物に指定され、また、ライチョウ、カモシカも国の特別天然記念物である。
 観光、登山の中心は上高地、槍・穂高と立山、黒部、白馬岳、乗鞍岳などである。公園地内の山地に最初にバスが通じたのは上高地で、第二次世界大戦後は乗鞍岳、立山室堂へバスが通じるようになり、1971年(昭和46)立山黒部アルペンルートが全通し、立山へも容易に登ることができるようになった。また西穂高岳の山腹へはロープウェーが通じる。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中部山岳国立公園の関連情報