コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下啓助 しも けいすけ

2件 の用語解説(下啓助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下啓助 しも-けいすけ

1857-1937 明治-大正時代の官吏。
安政4年生まれ。小学校教員をへて,明治18年農商務省にはいり,水産課長,水産講習所(現東京水産大)所長などを歴任。全国の水産業の実態調査をはじめて実施し,27年「水産業特別調査」にまとめた。昭和12年8月21日死去。81歳。江戸出身。著作に「明治大正水産回顧録」「露領漁業沿革史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下啓助

没年:昭和12.8.21(1937)
生年:安政4(1857)
明治大正期,水産振興に尽くした農商務省技師。明治17(1884)年,農商務省に入り,ほぼ一貫して水産行政を担当。水産業の全国的な実態調査をはじめて実施し『水産業特別調査』(1894)としてまとめた。水産課長,水産講習所長を経て退官。著書『明治大正水産回顧録』は水産行政,業界事情についての貴重な記録である。

(加瀬和俊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下啓助の関連キーワード青山元市来政方稲生真履岩村清寿大迫貞武岡田磐沢宣元関宗喜高橋勝弘小原駩吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone