コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下垂体性小人症 かすいたいせいこびとしょうpituitary dwarfism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下垂体性小人症
かすいたいせいこびとしょう
pituitary dwarfism

同性・同年齢の者に比べて,身長あるいは身長増加速度が著しく低く,成長ホルモンの不足によって起る小人症。視床下部-下垂体に器質的病変が認められる続発性と,原因の明らかでない特発性とに分けられる。 85%は特発性,15%が続発性で,うち特発性の男女比は 3.2対1,続発性の男女比は1対1である。続発性の原因としては頭蓋咽頭腫によるものが最も多く,次いで胚芽腫,他の脳腫瘍 (しゅよう) ,下垂体腫瘍,結核性髄膜炎と続く。成長ホルモン療法が行われるようになってからは,早期に治療すれば治癒するようになった。特発性については患者の半数以上が骨盤位または横位分娩で出産し,しかも仮死を経験していることから,分娩時の一過性の脳虚血による視床下部障害によるものではないかと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下垂体性小人症
かすいたいせいこびとしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

下垂体性小人症の関連キーワード成長ホルモン分泌不全性低身長症ヒト成長ホルモン剤ヒト成長ホルモン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android