コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮死 かしapparent death

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮死
かし
apparent death

生体機能の極度衰弱により,外観では生活現象を認められず,生きている徴候を客観的に確認できないが実際にはまだ生存している状態をいう。呼吸運動心臓拍動はもちろん,心電図波測定も表面的な現象をとらえるにすぎないので,外観上,真のと仮死を明確に区分することができない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐し【仮死】

死んだように見えるが、実際には生きている状態。一般に、意識がなく、呼吸が止まっているが、心臓は動いており、瞳孔(どうこう)反射がみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

仮死【かし】

外観上生活現象が認められないが実際は生存している状態。人為的あるいは自然に再び生活現象が認められるようになる。生活現象として一般に呼吸運動と心拍動が重視され,その双方あるいは一つが全く停止するか,ときにはきわめて微弱な場合を含めて仮死という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

仮死

 呼吸や心拍が微弱で,死んでいるようにみえる状態.一般的に脳に十分な血液供給がないために起こる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かし【仮死 suspended animation】

外見上,呼吸や心臓がとまっているように見えるが,実際は生きていて,ふたたび生き返る可能性のある状態。主として外観上の所見や状態にもとづき名づけられたもので,必ずしも厳密な医学的基準による名称ではない。したがって,呼吸や循環の機能が極度に低下していて,通常の方法では確認が困難な場合を指すことが多い。水におぼれた場合や寒さにさらされた場合,あるいは感電の場合などにおこる。分娩の過程で呼吸障害がおこり,新生児がこの状態で生まれてくる場合を新生児仮死という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かし【仮死】

意識がなく、呼吸や脈搏みやくはくも止まるか、またはきわめて微弱で、一見死んだように見える状態。適切な処置により回復する可能性をもつ。なお、ヘビ・カエルなどの冬眠現象にこの語を使うこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮死
かし

疾病と、その結果としての死との過程を考えた場合、死の状態と認識されても、適切な処置などによって可逆的に生活現象を認める状態に戻ることがあり、これを仮死とよぶ。疾病はWHO(世界保健機関)分類により、消化管系、血液系、肝胆道系、神経系、呼吸器系、循環器系、腎(じん)、内分泌、膠原(こうげん)病、その他など、多種に分類されるが、いずれの疾病も死に至る過程では、異なった基本的病態を示すわけで、これを死因とよんでいる。死因には、消耗、呼吸不全、心不全、中枢障害、貧血(低酸素)、水・電解質などの代謝異常、ショック、事故などの例があげられる。このうち、ショック、麻酔などによって呼吸、心機能が完全に停止し死の状態に陥っても、ただちに人工呼吸、心臓マッサージなどの適切な処置をとることによって、それらの機能を取り戻すこと、つまり仮死の状態にすることが可能となる。なお、死直前の状態を死戦期とよんでいる。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仮死の関連キーワードサイナソイダルパターンメカキングギドラジャン・パウルジモルホラミンジャン・パウル新生児けいれん胎児機能不全ハエトリタケ分娩監視装置エクスタシー産科ショック呼吸興奮薬先端紫藍症特殊な分娩新生児仮死脳低温療法陣痛促進剤臍帯脱出緩歩動物脳性麻痺

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮死の関連情報