下手の横好き(読み)へたのよこずき

ことわざを知る辞典「下手の横好き」の解説

下手の横好き

趣味などについて、下手にもかかわらず、むやみに好み、熱心なこと。

[使用例] 下手の横好きと言いますか、私は趣味のうちでは謡曲を第一としています。ずっと以前から金剛巖先生について習っていますが今もって上達しません[上村松園*青眉抄|1943]

[解説] 他人に対し下手なのにむやみに熱心だと批判的に用いるほか、自ら謙遜していう場合もあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「下手の横好き」の解説

へた【下手】 の 横好(よこず)

下手なくせに好きで熱心であること。下手なくせにむやみにそれをすることを好むこと。
※波形本狂言・縄綯(室町末‐近世初)「へたのよこすきと云はあの人の事じゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android