コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下津井節

2件 の用語解説(下津井節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

下津井節

岡山県倉敷市の民謡。下津井地区で歌われる酒宴唄。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下津井節
しもついぶし

岡山県の民謡。瀬戸内海に面した児島(こじま)半島南端の下津井港(倉敷市)を中心に歌われてきた。下津井の港は、かつては讃岐(さぬき)(香川県)の金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)へ参る金毘羅街道の終駅としてにぎわい、四国へ渡る船もここから出ていた。一方、大阪を出て瀬戸内海を通り、下関から日本海を回り、北海道の松前へ行く北前船(きたまえぶね)も、この下津井に寄港していた。そうした金毘羅参りの客や北前船の船乗り相手に、酒席の騒ぎ唄(うた)が歌われていた。その唄がいまの下津井節の原型、瀬戸内海の港で歌われていた『トコハイ節』である。しかし歌詞が平凡で卑猥(ひわい)なところも多かったので、昭和の初めに新しい歌詞をつくり、1931年(昭和6)NHK岡山局の開局記念の際に電波にのってから、一躍、県を代表するまでの民謡になった。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下津井節の関連キーワード岡山県倉敷市阿知岡山県倉敷市沖岡山県倉敷市寿町岡山県倉敷市下津井岡山県倉敷市下津井田之浦岡山県倉敷市下津井吹上岡山県倉敷市中央岡山県倉敷市鶴形岡山県倉敷市林岡山県倉敷市矢部

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone