下津井節(読み)しもついぶし

日本大百科全書(ニッポニカ)「下津井節」の解説

下津井節
しもついぶし

岡山県の民謡瀬戸内海に面した児島(こじま)半島南端の下津井港(倉敷市)を中心に歌われてきた。下津井の港は、かつては讃岐(さぬき)(香川県)の金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)へ参る金毘羅街道の終駅としてにぎわい、四国へ渡る船もここから出ていた。一方、大阪を出て瀬戸内海を通り、下関から日本海を回り、北海道の松前へ行く北前船(きたまえぶね)も、この下津井に寄港していた。そうした金毘羅参りの客や北前船の船乗り相手に、酒席の騒ぎ唄(うた)が歌われていた。その唄がいまの下津井節の原型、瀬戸内海の港で歌われていた『トコハイ節』である。しかし歌詞が平凡で卑猥(ひわい)なところも多かったので、昭和の初めに新しい歌詞をつくり、1931年(昭和6)NHK岡山局の開局記念の際に電波にのってから、一躍、県を代表するまでの民謡になった。

斎藤 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android