コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒ぎ歌/騒ぎ唄 サワギウタ

1件 の用語解説(騒ぎ歌/騒ぎ唄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さわぎ‐うた【騒ぎ歌/騒ぎ唄】

江戸時代、遊里で三味線や太鼓ではやしたててうたったにぎやかな歌。転じて、広く宴席でうたう歌。
歌舞伎下座音楽の一。揚屋・茶屋などの場面で、酒宴・遊興の騒ぎを表すもの。大鼓・小鼓または太鼓のにぎやかな囃子(はやし)を伴う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

騒ぎ歌/騒ぎ唄の関連キーワード序の舞早舞一番太鼓打ち囃す風の神送り鉦や太鼓で探す口三味線滑り唄鉦太鼓で探す連三味線

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone