下照姫(読み)シタテルヒメ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下照姫 したてるひめ

記・にみえる神。
大国主神(おおくにぬしのかみ)の娘で,天稚彦(あめわかひこ)の妻。葦原中国(あしはらのなかつくに)を乗っ取ろうとして天上からので射殺された夫を,喪屋(もや)をつくって8日8夜歌舞してとむらったという。別名に高姫,稚国玉(わかくにたま)。「古事記」では高比売命(たかひめのみこと),下光比売命,下照比売。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下照姫の言及

【天稚彦】より

…天国玉神(あまつくにたまのかみ)の子。国譲り神話の中で高天原(たかまがはら)から出雲平定のため弓矢を授かり遣わされるが,大国主神(おおくにぬしのかみ)の娘下照姫(したてるひめ)と結婚して返りごとをしなかった。そこで高天原の神々は雉(きじ)を遣わして詰問させる。…

※「下照姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報