コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天若日子/天稚彦 アメノワカヒコ

2件 の用語解説(天若日子/天稚彦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あめ‐の‐わかひこ【天若日子/天稚彦】

日本神話で、天孫降臨に先だち、高天原(たかまがはら)から葦原(あしはら)の中つ国の平定に遣わされた神。出雲に降ったまま復命せず、詰問の使者として雉(きじ)が派遣されてくるとこれを射殺したが、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)にその矢を射返されて死んだ。あめわかひこ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天若日子
あめのわかひこ

出雲(いずも)の国譲りの際高天原(たかまがはら)から第二の使者として派遣された神。弓矢を授かって地上に降りたが、大国主命(おおくにぬしのみこと)の女(むすめ)の下照比売(したてるひめ)と結婚して8年間復命を怠った。雉(きじ)がその理由を問うために派遣されたが射殺してしまい、矢は高天原に達したのちさらに地上に投げ返され、その矢に当たって死んだ(『古事記』)。『旧約聖書』のニムロッドの矢と同一で返し矢型説話といわれるものである。この神は反逆者として扱われているが本来は首長の象徴としての弓矢を持って地上に降りる者であった。「日」が太陽の意なら、若い太陽神であり、天照大神(あまてらすおおみかみ)を小型にしたような神。女性神の稚日女尊(わかひるめのみこと)(『日本書紀』)と対比される。[守屋俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天若日子/天稚彦の関連キーワード高天原天孫降臨葦原の中つ国天つ神蘇志摩利天香山曽尸茂梨高天原広野姫尊高天原神話天孫降臨神話

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone