下田 光造(読み)シモダ ミツゾウ

20世紀日本人名事典の解説

下田 光造
シモダ ミツゾウ

大正・昭和期の精神医学者 元・鳥取大学学長。



生年
明治18(1885)年3月14日

没年
昭和53(1978)年8月25日

出生地
鳥取県

学歴〔年〕
東京帝大医科大学医学科〔明治43年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正10年〕

主な受賞名〔年〕
米子市名誉市民〔昭和38年〕

経歴
呉秀三門下。東京府巣鴨病院医員、医長を経て大正10年慶応義塾大学教授となった。14〜昭和20年九州帝大教授、20年米子医学専門学校初代校長、21年米子医科大学学長。28年鳥取大学学長となり、32年退官、38年米子市名誉市民。てんかん病理学を研究、大正11年ウォルフのトリオナールによる持続睡眠を改良、ズルフォナールによる持続睡眠療法を編んだ。また躁鬱病について昭和16年執着気質を提唱、戦後その創見が認められた。著書「最新精神病学」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

下田 光造 (しもだ みつぞう)

生年月日:1885年3月14日
大正時代;昭和時代の精神医学者。鳥取大学学長;米子医科大学学長
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android