持続睡眠療法(読み)じぞくすいみんりょうほう(英語表記)continuous sleep treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持続睡眠療法
じぞくすいみんりょうほう
continuous sleep treatment

精神病の治療法の一つ。7~20日間の計画で1日 15~20時間,薬物によって睡眠させる方法で,1920年代に始められた。 60年代に入って精神病治療薬が相次いで開発されて以来,それ以前に行われていた方法はほとんど用いられていない。しかし,不安,苦悶発揚,興奮などが激しい場合に,抑制作用の強い精神病治療薬を比較的大量に用いる治療法は,持続睡眠療法と同じ原理といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

持続睡眠療法【じぞくすいみんりょうほう】

精神科領域で用いる特殊治療法の一つ。一般に強力な催眠薬フェノバルビタールアモバルビタールスルホナールなど)と精神科治療薬(クロルプロマジン,レボプロマジンなど)を併用し,夜間十数時間熟睡,昼間数時間浅眠程度の状態を7〜14日持続させる。鬱(うつ)病躁(そう)病心因反応麻薬中毒などの疾患に適用。薬物の副作用や看護が煩瑣であることなどから,現在ではあまり用いられない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じぞくすいみんりょうほう【持続睡眠療法 continuous sleep treatment】

鎮静・催眠性の薬物を投与して持続的な傾眠ないし睡眠状態にすることによって精神障害を治療する方法。ウォルフO.Wolff(1901)がトリオナールを用いたことに始まるが,さらにクレージJ.Kläsi(1921)がソムニフェンを使用して早発性痴呆や錯乱状態の患者を治療したことで精神病に対する一つの治療手段となった。日本でも下田光造(1922)によって躁鬱(そううつ)病患者の治療にスルホナールが用いられ,これが盛んに行われた時期がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の持続睡眠療法の言及

【下田光造】より

…躁鬱(そううつ)病の病前性格を執着性格と名付け,これに定義を与えたうえで提唱された躁鬱病の発病病理説は国際的評価を得ている。その治療法として創始されたスルフォナール持続睡眠療法は当時としては優れた療法であった。また森田療法を当初から理解評価してその治療経験を重ね,本療法の発展に貢献した。…

※「持続睡眠療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android