下紅葉(読み)シタモミジ

デジタル大辞泉の解説

した‐もみじ〔‐もみぢ〕【下紅葉】

木々の下葉の紅葉したもの。また、物の下に散っている紅葉。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

した‐もみじ ‥もみぢ【下紅葉】

〘名〙
① 紅葉した樹木の下葉。《・秋》
※班子女王歌合(893頃)「白露の染めいだす萩(はぎ)のしたもみち衣にうつす秋は来にけり」
俳諧・七柏集(1781)雪瓜園興行「裁縫も足利染の下もみぢ〈みつれ〉 とらえて猫の泥拭てやる〈雪瓜〉」
② 物の下の方にあるもみじ
源氏(1001‐14頃)若菜下「十月中の十日なれば神のいかきにはふ、くずも色かはりて松の下もみちなど、おとにのみも秋をきかぬかほなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android