亀甲羽熊(読み)キッコウハグマ

精選版 日本国語大辞典の解説

きっこう‐はぐま キッカフ‥【亀甲羽熊】

〘名〙 キク科の多年草。各地の山野に生える。高さ一〇~二〇センチメートル。全体に短い剛毛が散生。細長い地下茎がある。葉は長柄を持ち、茎の下部に集まって互生。秋、葉間から花茎を伸ばして出し、小さな白色頭状花を十数個つける。頭状花は細く五裂した管状花三個からなり、細長い。果実には褐色冠毛がある。葉の形が亀の甲に似ているところからこの名がある。さじはぐま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android