コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下請制度 したうけせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下請制度
したうけせいど

親会社や問屋など元請からの注文によって生産した部品や材料を納入すること。またもっぱら下請生産をする企業を下請企業または下請工場という。大企業を頂点として,下請,孫請,曾孫請を含むピラミッド構成から成り,日本の産業構造の特色となっている。非近代的といわれながら高度成長期に下請化が進み,さらに製造業以外の第3次産業などで類似の制度の発展がみられる。一方で,下請業者の独立性,企業体質強化,自主管理能力の向上の必要性に対する認識も高まってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

下請制度の関連キーワード問屋制家内工業下請労働者個数賃金建設業親会社社外工

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android