コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不けん化物

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不けん化物
ふけんかぶつ
unsaponifiable matter

油脂あるいはろうの成分のうち、水酸化カリウムアルコール溶液によりけん化されず、水に不溶、石油エーテルに可溶な物質をいう。主成分は一般に炭化水素とステリンである。通常、油脂中約0.5%程度存在する。脂肪族炭化水素はサメ肝油中に存在し、スクアレンは不飽和炭化水素である。ステリンは26~30炭素原子をもつ結晶アルコールである。コレステリンは動物油脂中、シトステリンは植物油脂中に存在する。直鎖一価アルコールは、ろう中および油脂の不けん化物中に、ある種の二価アルコールは海産動物油の不けん化物中にグリセリルエーテルとして存在する。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

不けん化物の関連キーワードからすみ(鱲子)オリザノールセサモールけん化価トール油ヘット脂質