コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不けん化物

2件 の用語解説(不けん化物の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

不けん化物

 油脂やろうをアルカリ液で加水分解し,水に溶ける部分を除いたときに得られる物質.ステロール,色素,脂溶性ビタミンなどがこの分類に入る.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不けん化物
ふけんかぶつ
unsaponifiable matter

油脂あるいはろうの成分のうち、水酸化カリウムアルコール溶液によりけん化されず、水に不溶、石油エーテルに可溶な物質をいう。主成分は一般に炭化水素とステリンである。通常、油脂中約0.5%程度存在する。脂肪族炭化水素サメ肝油中に存在し、スクアレン不飽和炭化水素である。ステリンは26~30炭素原子をもつ結晶アルコールである。コレステリン動物油脂中、シトステリンは植物油脂中に存在する。直鎖一価アルコールは、ろう中および油脂の不けん化物中に、ある種の二価アルコールは海産動物油の不けん化物中にグリセリルエーテルとして存在する。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不けん化物の関連キーワード加水分解酵素鹸化プロテオースアルカリ加水分解塩酸加水分解けん(鹸)化酸価酸加水分解新式醸造デンプン糖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不けん化物の関連情報