コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不けん化物

2件 の用語解説(不けん化物の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

不けん化物

 油脂やろうをアルカリ液で加水分解し,水に溶ける部分を除いたときに得られる物質.ステロール,色素,脂溶性ビタミンなどがこの分類に入る.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不けん化物
ふけんかぶつ
unsaponifiable matter

油脂あるいはろうの成分のうち、水酸化カリウムアルコール溶液によりけん化されず、水に不溶、石油エーテルに可溶な物質をいう。主成分は一般に炭化水素とステリンである。通常、油脂中約0.5%程度存在する。脂肪族炭化水素サメ肝油中に存在し、スクアレン不飽和炭化水素である。ステリンは26~30炭素原子をもつ結晶アルコールである。コレステリン動物油脂中、シトステリンは植物油脂中に存在する。直鎖一価アルコールは、ろう中および油脂の不けん化物中に、ある種の二価アルコールは海産動物油の不けん化物中にグリセリルエーテルとして存在する。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不けん化物の関連情報