不信任案(読み)フシンニンアン

デジタル大辞泉「不信任案」の解説

ふしんにん‐あん【不信任案】

信任することができないを議決する。一般に、議院内閣制もと議会内閣あるいは個々の国務大臣に対して行うものをさすが、地方自治体についても制度化されている。
特に、内閣不信任案のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「不信任案」の解説

ふしんにん‐あん【不信任案】

〘名〙 信任しない旨を議決するための案。
※国民新聞‐明治三〇年(1897)一二月二三日「不信任案提出につきては、別項の欄外再録の如くなるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android