コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動産融資総量規制 ふどうさんゆうしそうりょうきせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不動産融資総量規制
ふどうさんゆうしそうりょうきせい

金融機関からの過剰な不動産融資に対する規制。 1983年頃から土地価格が急騰し始め,85年のいわゆるプラザ合意以降の低金利金融機関の不動産向け融資が著しく増加した。 87年3月末には全国銀行の不動産融資残高が約 33兆円,前年同期比 33%増となった。大蔵省は 86年4月以降再三にわたって通達を出し,その抑制を指導したが効果がなかった。このため,90年4月から全金融機関の融資総量規制が実施されたものの,91年末に地価の安定を理由に総量規制は廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふどうさんゆうし‐そうりょうきせい〔‐ソウリヤウキセイ〕【不動産融資総量規制】

総量規制3

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不動産融資総量規制の関連情報