不動産融資総量規制(読み)ふどうさんゆうしそうりょうきせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不動産融資総量規制
ふどうさんゆうしそうりょうきせい

金融機関からの過剰な不動産融資に対する規制。 1983年頃から土地価格が急騰し始め,85年のいわゆるプラザ合意以降の低金利金融機関の不動産向け融資が著しく増加した。 87年3月末には全国銀行の不動産融資残高が約 33兆円,前年同期比 33%増となった。大蔵省は 86年4月以降再三にわたって通達を出し,その抑制を指導したが効果がなかった。このため,90年4月から全金融機関の融資総量規制が実施されたものの,91年末に地価の安定を理由に総量規制は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android