不受不施講門派(読み)フジュフセコウモンハ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふじゅふせ‐こうもんは【不受不施講門派】

〘名〙 日蓮講門宗の旧称。日蓮宗不受不施派の別派。日講を派祖とし、岡山県岡山市御津鹿瀬の本覚寺を本山とする。不受不施派と同じく絶対に法華宗以外の信者の施物を受けず、法華宗以外の僧に施しをしないが、寺領は国主の仁恩によるもので敬田供養でないとした。江戸幕府は不受不施派と同様に、この派を厳禁したが、明治一五年(一八八二)三月に公許された。のち、日蓮宗不受不施派と合同して本化正宗と称したが、第二次世界大戦後に分かれ、昭和二一年(一九四六)日蓮講門宗、同六〇年に不受不施日蓮講門宗となる。講門派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android