国主(読み)コクシュ

大辞林 第三版の解説

こくしゅ【国主】

一国の君主。天子。皇帝。
「国主大名」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐しゅ【国主】

〘名〙
① 一国の君主国王天子
※続日本紀‐神護景雲二年(768)五月丙午「頃見諸司入奏名籍、或以国主国継名向朝奏名」 〔名語記(1275)〕〔李陵‐答蘇武書〕
② 戦国時代から江戸時代にかけて、一国以上を領有していた大名をいう。国主大名。国守。国持(くにもち)
朝倉孝景条々(1471‐81)英林壁書一五条「国を見事に持成も国主の心つかひに寄るべく候事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国主の言及

【大名】より

…さらにこれを将軍との親疎関係によって分類する場合は,三家,三卿,家門,譜代,外様に分けるが,家門は三家,三卿以外の親藩およびその分家をさし,旧族大名と織豊大名を徳川系大名に対して外様に一括する。 また領国や居城の規模によって,国主(国持),准国主,城主,城主格,無城に分け,あるいは江戸城中の詰間(つめのま)によって,大廊下,溜間(たまりのま),大広間,帝鑑間(ていかんのま),柳間,雁間(かりのま),菊間に分け,さらに官位によって,侍従以上,四品(しほん)(四位),諸大夫(五位)に分け,石高によって,10万石以上,5万石以上,1万石以上に分ける場合もある。大名はこれらの組合せによって複雑多岐な格式序列がつくられたが,このことは大名(藩)の存在形態がきわめて多様であったことを示している。…

【知行国】より

…古代・中世,律令制の国のうち,国司以外の公卿・廷臣や社寺等が吏務(りむ)(支配・統治の実務)の実権をもつ国。沙汰国,給国ともいい,吏務の実権をとる者を知行主とか国主という。 律令制の地方統治制度である国司制度がしだいにくずれ,国守(=受領)の地位が利権化する一方,公卿・廷臣らの俸禄制度が無実化するにともない,11世紀中ごろから公卿の子弟を諸国の守に任命し,その公卿に吏務の実権をとらせ(これを知行とか沙汰という),その間に収益を得させることがしだいに慣例となった。…

※「国主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国主の関連情報