不可知(読み)ふかち

精選版 日本国語大辞典「不可知」の解説

ふか‐ち【不可知】

〘名〙 人間のあらゆる認識手段を使用しても知り得ないこと。たとえば、現象背後に隠れた実体などを知ることができないとすること。
※東京学(1909)〈石川天崖〉一八「何事に向っても其の研究の終局の所に到れば所謂知る可らずと云ふこと議す可らずと云ふこと、詰り不可知不可思議と云ふことに陥るのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android