コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不完全雇用 ふかんぜんこよう

百科事典マイペディアの解説

不完全雇用【ふかんぜんこよう】

不完全就業あるいは過少雇用とも。完全雇用にまで達していない雇用水準を指し,労働者が一般の雇用労働者の標準に達しない労働時間・日数などの条件で雇用される状態。潜在失業者の存否やその数の多少を測る基準となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の不完全雇用の言及

【完全雇用】より

…労働市場の均衡において就業していない労働者は,現行の実質賃金率において労働よりも余暇を選択しているため,自発的失業となる。したがって完全雇用においては,現行の賃金・価格で働きたいが職がないという非自発的失業は存在しない(非自発的失業が存在する状態を不完全雇用underemploymentという)。賃金・価格が伸縮的であり,市場の調整が速やかであるならば,労働市場はつねに均衡し完全雇用が実現されている。…

※「不完全雇用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不完全雇用の関連キーワード雇用・利子および貨幣の一般理論ケインズ経済学完全雇用均衡セーの法則雇用・失業国民所得ケインズ開発

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不完全雇用の関連情報