不定法(読み)ふていほう

精選版 日本国語大辞典の解説

ふてい‐ほう ‥ハフ【不定法】

〘名〙
① (infinitive mood の訳語) 英語などにおける動詞の形態の一種。人称、数、時制などが定まっていないもので、主語や目的語になり得るといった名詞的機能をもつ。be (英語)、sein (ドイツ語)、étre (フランス語)など。〔語法指南(1889)〕
② 西洋文法の影響により明治期の日本文法で、動詞の未然形あるいは連用形の用法をいう。さまざまな場合に用いられて用法が一定しないところからいわれた。〔小学日本文典(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報