コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不得心 フトクシン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐とくしん【不得心】

[名・形動]
納得できないこと。また、そのさま。
「行儀作法の躾もせんうちに信吾さんに添わせるのは私は―でござりますよし」〈有吉・助左衛門四代記〉
心ないこと。無作法であること。また、そのさま。
「あの鉢かづきめが近づき参らせんと、思ふ心の―さよ」〈伽・鉢かづき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふとくしん【不得心】

( 名 ・形動ナリ )
〔「ふとくじん」とも〕
得心できない・こと(さま)。 「 -なりと思ひて猶もなしと答へければ/盛衰記 14
道理をわきまえないこと。無作法なこと。また、そのさま。 「思ふ心の-さよと憎まぬ人はなかりけり/御伽草子・鉢かづき」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

不得心の関連キーワード御伽草子無得心盛衰記

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android