コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉢かづき はちかづき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉢かづき
はちかづき

室町時代の御伽草子。2巻。作者,成立年未詳。母の臨終をかぶせられた備中守藤原実高の姫が,継母に憎まれて家出し,山蔭の三位中将の風呂番をするうちに,その末子の宰相殿と相思の仲となり,嫁比べの前夜,鉢がとれて金銀宝物を得,幸福に暮らす話。『住吉物語』とともに中世継子物 (→継子話 ) の代表作。長谷観音の利益が強調されている。類似の話としてシンデレラがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はちかずき〔ハチかづき〕【鉢かづき】

御伽草子23編の一。2巻。作者未詳。室町時代の成立とされる。母の臨終に鉢をにかぶせられた娘が継母のために家を追われるが、その鉢によって幸せになる話。継母説話に長谷観音の霊験譚(たん)を絡ませたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉢かづき【はちかづき】

御伽(おとぎ)草子,渋川版23編の一つ。室町時代成立。母の死に際し鉢をかぶせられた姫が継母に虐待されて家出するが,結局その鉢によって幸福を得るという話。中世の継子話の代表作で,長谷寺観音の霊験譚にしたててある。
→関連項目シンデレラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちかづき【鉢かづき】

御伽草子。渋川版の一。河内国交野(かたの)に住む備中守さねたかは姫君を一人儲(もう)け,長谷(はせ)の観音に参り,末繁昌を祈る。姫が13歳のおりに,母は病気にかかり,姫の頭に手箱を載せ,その上に肩が隠れるほどの鉢をかぶせて死んだ。父はその鉢を取ろうとするが,頭に吸い着いて取ることができない。継母に憎まれ,帷子(かたびら)一つで捨てられた姫は,足にまかせて迷い歩き,川へ身を投げるが沈まず,里人から化物とあざけられながら,国司の山蔭三位中将のもとに身を寄せ,能がないと言われて,湯殿の火焚きとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はちかずき【鉢かづき】

御伽草子。一巻。作者未詳。室町時代の成立か。母と死別した交野かたのの豪族の姫君鉢かずきは、継母のため家を追われるが、山蔭三位中将の息子宰相殿と結ばれ、母がかぶせた鉢のおかげで幸福になる。継子ままこ物の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉢かづき
はちかづき

御伽(おとぎ)草子23編の一つ。室町時代に成立したとされる物語。作者未詳。「鉢かづきの草子」とも記されて江戸期版本として流布した。明治以後の童話では「鉢かつぎ」ともいわれる。河内(かわち)国交野(かたの)に住む備中守(びっちゅうのかみ)さねかたの娘を主人公にした継子(ままこ)物語。実母が死に臨んで娘の頭に鉢をかぶせたことによる名称である。「鉢かづきの宰相」とも記される。娘は鉢をかづ(被)いたまま成長し、父の再婚によって継母に会う。継母の讒言(ざんげん)によって捨てられて流浪の身になる。やがて山陰三位(さんみ)中将の家で湯殿の火焚(ひた)きとして働くうちに、四男宰相にみいだされて契りをこめる。嫁見参、嫁競(くら)べのときに鉢が割れて、中から衣装や宝が出る。主人公はそれで身なりを整え、宰相の妻としての幸福な一生を約束されるという筋。鉢かづきは、つねに長谷(はせ)観音によって加護される霊験譚(たん)としてつづられる。これらの主題は、民間にあって昔話として人口に膾炙(かいしゃ)する。本格昔話「姥皮(うばかわ)」と共通する語り口で、異形の被(かぶ)り物をした主人公の苦難と、やがて訪れる幸福な結婚を骨子にする。物語の展開に大きな意味をもつ鉢は、呪具(じゅぐ)として主人公の運命に大きな役割を果たしている。とりわけ、主人公の成女戒にかかわる、呪術的・宗教的意義を重ねることによって、この主題を解こうとする見方もなされる。伝承伝播(でんぱ)の背景には、観音信仰の教化活動も考えられる。[野村純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鉢かづきの関連キーワード参らせ候ふ・進らせ候ふはちかづきちゃん稗史億説年代記指焼草・挿艾寝屋川(市)『御伽草子』灰かづき姫参らせ候ふ翡翠の髪状然もあれ関路の鳥有り付く奈良絵本糠福米福式亭三馬かっぱとじじめく巻き絹花の姿丸かせ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉢かづきの関連情報