不法電波(読み)ふほうでんぱ

世界大百科事典 第2版「不法電波」の解説

ふほうでんぱ【不法電波】

無線局を開設するときは,発射する電波一定のレベル以下の微弱な無線局および市民ラジオの無線局を除き,電波法規定に基づき郵政大臣免許を受けなければならない。この規定に違反して,免許を受けずに開設された無線局を不法無線局といい,これから発射される電波が不法電波である。電波は,光や音と同じように空間を伝播していく性質があること,また有限なものであることから,これを野放しにしておくと人類共有の貴重な資源である電波が互いに混信して使えなくなってしまうため,国際的には国際電気通信条約によって,周波数の割当て,無線設備の技術基準,無線局の運用方法等が取り決められているのを受けて,日本では電波法により電波の監理が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android