コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与力・寄騎 よりき

大辞林 第三版の解説

よりき【与力・寄騎】

( 名 ) スル
助力すること。加勢すること。また、その人。 「北面の輩ともがら多く-したりけり/平家 1
(「寄騎」とも書く)室町時代、諸大名・部将に隷属する武士(被官)。戦国時代には侍大将・足軽大将に付属する騎士。同心。
江戸時代、奉行・所司代・城代・大番頭・書院番頭の部下として、同心を指揮し事務を分掌・補佐した職。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

与力・寄騎の関連キーワード寄親・寄子戦国時代江戸時代足軽大将室町時代書院番頭侍大将所司代大番頭寄騎武士平家城代同心部将分掌北面奉行

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android