コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町与力 マチヨリキ

大辞林 第三版の解説

まちよりき【町与力】

江戸町奉行に直属し、同心を指揮して訴訟の審査や市中の見回り、諸般の事務を監督・遂行した者。二百石程度の御家人および奉行の家臣の中から選ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の町与力の言及

【与力】より

…江戸時代の与力は同心とともに一つの職名であって,町奉行,遠国(おんごく)奉行,先手頭(さきてがしら)などに付属した職であった。 町奉行所付属の与力(町与力)は,町奉行配下の中核的職員であり,同心を指揮して職務を遂行した。定員は1719年(享保4)に江戸の南・北両町奉行所各25名と定められ,このうち各23名は幕臣,残り各2名は内与力と称して奉行個人の家臣があてられた。…

※「町与力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

町与力の関連キーワード烏亭焉馬(2世)大栄(千葉県)江戸町奉行大塩平八郎加藤枝直近藤重蔵松井幸隆御家人与力斬罪諸般訴訟家臣審査

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町与力の関連情報