与論の十五夜踊

デジタル大辞泉プラスの解説

与論の十五夜踊

鹿児島県の与論島城地区に伝わる民俗芸能。旧暦の3・8・10月の十五夜に、与論城(グスク)にある地主神社(琴平神社)で奉納される。「アミタボウリ」という雨乞い踊の後、狂言と風流踊が交互に演じられる。踊り手は一番組・二番組にわかれており、一番組は主に狂言、二番組は主に風流を伝承している。大和風、琉球風の芸能の融合が見られる貴重な例。1993年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android