コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与論の十五夜踊

1件 の用語解説(与論の十五夜踊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

与論の十五夜踊

鹿児島県の与論島城地区に伝わる民俗芸能。旧暦の3・8・10月の十五夜に、与論城(グスク)にある地主神社(琴平神社)で奉納される。「アミタボウリ」という雨乞い踊の後、狂言と風流踊が交互に演じられる。踊り手は一番組・二番組にわかれており、一番組は主に狂言、二番組は主に風流を伝承している。大和風、琉球風の芸能の融合が見られる貴重な例。1993年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与論の十五夜踊の関連キーワード与論空港ヨロンマラソン与論[町]鹿児島県大島郡与論町朝戸鹿児島県大島郡鹿児島県大島郡与論町叶鹿児島県大島郡与論町城鹿児島県大島郡与論町茶花鹿児島県大島郡与論町東区鹿児島県大島郡与論町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone