与論の十五夜踊

デジタル大辞泉プラスの解説

与論の十五夜踊

鹿児島県の与論島城地区に伝わる民俗芸能。旧暦の3・8・10月の十五夜に、与論城(グスク)にある地主神社(琴平神社)で奉納される。「アミタボウリ」という雨乞い踊の後、狂言と風流踊が交互に演じられる。踊り手は一番組・二番組にわかれており、一番組は主に狂言、二番組は主に風流を伝承している。大和風、琉球風の芸能の融合が見られる貴重な例。1993年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android