世伝御料(読み)せでんごりょう

精選版 日本国語大辞典「世伝御料」の解説

せでん‐ごりょう ‥ゴレウ【世伝御料】

〘名〙 旧皇室典範による皇室財産制度の一つ。天皇世襲財産で、分割したり譲渡したりすることが許されないもの。せいでんごりょう。

せいでん‐ごりょう ‥ゴレウ【世伝御料】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の世伝御料の言及

【皇室財産】より

…次に,1885年には宮内省内に御料局が設置され,89年佐渡,生野両鉱山が皇室へ移譲され,89‐90年には府県,北海道をあわせて350万町歩の山林原野が皇室財産に編入された。これら御料財産のうち一部は皇室典範第45条により世伝御料として天皇の地位に付属して永世に伝えられるものとなった。世伝御料とされたものには,宮城・皇居・御所・各離宮・木曾その他の御料地・正倉院宝庫などがある。…

※「世伝御料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android