コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇室財産 コウシツザイサン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

皇室財産

明治憲法下では広大な土地や建物、林野などが皇室の財産だった。戦後の日本国憲法で一部の私産を除き、国有(皇室用財産)となった。維持管理に必要な経費は宮内庁予算として計上され、国会の議決が必要とされている。

(2009-11-09 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

皇室財産【こうしつざいさん】

国において皇室の用に供する財産。国有財産のうちの行政財産に属する。第2次大戦後旧皇室財産はすべて国に属することとなった結果,生活必需品,愛用美術工芸品,宮中三殿三種の神器など皇室の私産を除いた,皇居・御所・離宮御用邸・猟場・陵墓など,すべて皇室財産となった。管理機関は宮内庁。その取得・処分には一定の制限があり,国会の議決を要するものもある。→皇室費
→関連項目皇宮警察皇室経済会議国有財産

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしつざいさん【皇室財産】

動産・不動産をふくむ天皇家財産の総称。皇室財産設定の動きが始まったのは明治維新以後のことである。天皇を頂点とする国家機構が整備されてくるのにともない,明治政府は皇室の経済的基礎を確立する必要に迫られた。1876年木戸孝允の建言をはじめ,79年には宮内卿徳大寺実則が官有林の一部を皇室財産に編入すべき提議をおこなったが,その動きが本格化したのは自由民権運動の高揚した81年ころである。すなわち81年10月国会開設の詔を機に民権運動が高揚すると,憲法実施前に皇室財産を設定せよとの建議があいついだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android