世帯持(ち)(読み)セタイモチ

デジタル大辞泉の解説

せたい‐もち【世帯持(ち)】

一家を構えて独立の生計を立てること。また、その人。所帯持ち。
世帯を維持していくこと。「世帯持ちのじょうずな主婦」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せたい‐もち【世帯持】

〘名〙
① 一家を構え独立の生計をたてること。また、その人。しょたいもち。
※浮世草子・椀久二世(1691)下「今あのごとくせめらるるは時分世帯持(せタイモチ)の子ども、万(よろづ)不自由の台所なれば客を見かけて物調へけるに」
② 世帯を維持していくこと。しょたいもち。
※松翁道話(1814‐46)二「どうでも、世帯持ちの悪いといふ御直きの説法ぢゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android