コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界トップレベル国際研究拠点形成促進プログラム セカイトップレベルコクサイケンキュウキョテンケイセイソクシンプログラム

1件 の用語解説(世界トップレベル国際研究拠点形成促進プログラムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せかいトップレベルこくさいけんきゅうきょてん‐けいせいそくしんプログラム〔セカイ‐コクサイケンキウキヨテン‐〕【世界トップレベル国際研究拠点形成促進プログラム】

第3期科学技術基本計画などに基づいて、文部科学省が平成19年(2007)から開始した事業。世界最高水準の研究拠点構築を目指す取り組みを集中的に支援する。科学技術分野の基礎研究機能を高め、国際競争力の強化を図ることが目的。物質・材料研究機構の国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA)や大阪大学の免疫学フロンティア研究センター(IFReC)など、公募により選定された拠点に対して、1拠点あたり年間5~20億円の補助金が10年間交付される。審査・評価・管理などの業務は日本学術振興会が行う。世界トップレベル研究拠点プログラムWPIプログラム(World Premier International Research Center Initiative)。→最先端研究開発支援プログラム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界トップレベル国際研究拠点形成促進プログラムの関連キーワード科学技術基本法科学技術振興機構防災基本計画第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジー国家基幹技術技術立国科学技術基本計画科学技術創造立国水産基本計画政府のエネルギー基本計画

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone